牧田千鶴

IMMでは、チャレンジする機会を設けてもらい自分の成長に繋げられることがすごいやりがいとなっています。
また、仕事に関してマニュアルがないからこそ大変なこともありますが試行錯誤しながらやるからこそ達成感が得られ、自分の成長や経験値が上がりやすい環境だと感じています。

店舗管理責任者

牧田 千鶴

リース真由美

入社して感じることとして、毎日ワクワクしていられること。社長の鋭い観点と考え方に触れられ、ベンチャー企業の色濃いIMMでは、成長意欲の高いスタッフの中で緊張感と楽しさを感じながら仕事ができます。スピード感が桁違いで、常に刺激を受けています。 また、将来的には、ここでの経験を活かし、コンピュータ制御の小さな農園を作り、自家栽培したハーブや野菜を使って友人たちを食事に招いたりしてゆったりと暮らし、年に2回くらい海外のIMM店舗へ家族旅行で出かけることを目標にしています。

社長室

リース真由美

輪田敬一

会社自体がスピード感を持ち成長しようとしているところ。毎日のルーティンの中で仕事というより作業になりがちな会社もある中、IMMは自身が率先して仕事をしていかなければ何も始まらないということ。イコール「自身がやりたいことを実現できる」可能性もおおいに秘めているのではないかと思います。
日々チャレンジ、失敗、成功、を経験できなにかしらの達成感を得られ自分自身で成長したと感じる瞬間がある会社かと思います。
常に何かに自分自身がチャレンジをし失敗、成功の中、「達成」していくことによって個人の成長につながると思います。これは自分自身の経験から来ているものでもありますが、今までやったことないことをやる、其の時は正直恐いです。失敗したらどうしようと思うから。ただ失敗したらどうしようと思えることにチャレンジするということは成功したら成功したという達成感が得られ次の案件にチャレンジできるようになる。
失敗しても特になにも思わず「あ?失敗した?」ぐらいで終わり何年か先思い返しても思い出せないような仕事をしてしまっているのがよくあったことです。IMMで仕事をするようになってから思い返したら失敗だった!いやこれは上手く出来たと思う!ということが思い出せそこには自分の達成・未達成が明確にでています。
これを繰り返すことでチャレンジできる環境を自分自身が作れるようになりまた面白そうな店舗展開があった際にそこにチャレンジしようと思えるようになっていくのかと思います。
自分がいつかやりたいと思うお店が来月にはオープンするかもしれないというチャンスが常にある会社だと思います。
「チャンスがあればいつでもチャレンジする」
そうやって個人の成長に繋がり、店舗の成長に繋がり、会社の成長に繋がり、また個人のさらなる成長につながっていけるところではないかと思います。

店舗開発プロデューサー

輪田 敬一

諸江昌高

やりたいと思うことをやらせてくれる環境がある所。目的、目標を持っている人にとっては自分自身を成長させる事ができ、積極的に行動している人にはチャンスが与えられる所がIMMに入社して本当によかったと感じています。
入社当時は、金沢オリーブオイルキッチンにてキッチン担当として料理を作っており、外部でイベントがある際は、外板責任者としてIMMの商品を販売していました。現在は、自分の目的の一つでもある海外店舗のプロデュースに携わる事ができ、シンガポールにある天丼琥珀で働いています。

アシスタントマネージャー

諸江 昌高

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト
  • スタッフヴォイス
  • エントリーフォーム